不動産の価値はどう決まる|初期費用を抑えて入居する方法|不動産を利用する際の注意点
部屋

初期費用を抑えて入居する方法|不動産を利用する際の注意点

不動産の価値はどう決まる

間取り

立地条件は大切

不動産査定で評価される項目はいくつかありますが、その中でも重要な項目になるのが立地条件です。人口が多く企業や商業施設が充実しているような都市部に位置する不動産は比較的評価が高くなっています。商業施設や企業が多いと普段の生活に便利ですし、その場所に住むと通勤や通学に便利になる人が多いので需要が高くなります。企業にとってもそのような土地に営業所や事務所を設置するのはメリットがあるので需要があり不動産査定にプラスに働きます。また同じ地域でもその場所が鉄道やバスなどの公共交通機関に近いと移動をする際に非常に便利な為に同じ地域でも交通機関への距離が近い方がより需要が高く不動産査定額が高くなりやすいです。

不動産の特性も重要

不動産査定には立地条件も重要な項目として評価されますが、その不動産の特性も大きく評価額に影響を与えます。土地の場合は地盤が強かったり、標高が高く災害に強い土地であったりすると評価が高くなります。建物の場合ならばその建物の築年数や耐震性や間取りなどが評価されます。逆に築年数がかなり経過していたり、災害時に他の土地よりリスクが高いとされる土地の場合評価が低くなる原因になります。しかしその評価基準は業者によって異なるので、売却予定の不動産の特性を理解した上で売却する不動産のメリットをより評価してくれる業者を選ぶと高い評価を得られます。またその時々で需要の高くなる付加価値が変わってくるので市場のトレンドにも注意すると良いです。